ピバコの小箱

農家の嫁の気ままな日記。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
絶景をどうぞ :: 2011/09/23(Fri)

GRP_0627.jpg
久しぶりの山ネタ。
涸沢でーーす!!
先日、山友達が涸沢に行って写メを送ってくれました。
ふーー やはり いつ見ても絶景最高~~~
また行きたくなっちゃうな~~
もう上の方は 草紅葉が始まっていますね!
今年の紅葉はどうかな~~?

GRP_0628.jpg
こちらも山友達から~
間ノ岳からの北岳。
北岳といえば、昨年の山行を思い出しますね~
仕事終わってから夜行でほぼ寝ずに登ったので
途中で高山病になってしまい
さらにどしゃぶりの大雨。
山小屋は大混雑で2枚の布団に3人!
窓のない部屋に押し込められ酸欠になるわ・・・
もうほんとに散々だったんだけど
いい想い出もたくさんあって・・・
だからやめられないんだよなぁ~ 山。

そういえば今日のニュースで
北海道の大雪山系黒岳の紅葉が中継されてました。
早いですね~~ とてもきれいでした。
一度は見てみたいですね~

スポンサーサイト
  1. 登山
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
山のおくりもの。 :: 2010/10/19(Tue)

PA0_0397.jpg
甲斐駒で見つけた葉っぱたち。
状態の良い落ち葉を拾ってきました。
左はナナカマド、右の3枚はカエデです。

同じカエデでも1枚1枚色が違うんです。
木によって紅葉の仕方もさまざまなんですね~

今年の紅葉は良くないと山岳ガイドさんから伺いました。
夏の猛暑と水不足で葉が痛み、
さらに例年に比べると朝晩の気温差が小さく
色づきが悪いそうです。

そうは言うけどー・・・

最高に綺麗だと思うんだけどなー

ガイドさんはいい時をいっぱい見てるから目が肥えてるのかなー

PA0_0398.jpg
うししこれはライチョウの羽根なのだ。
昨年北アルプスの唐松岳~五竜岳に登った時に偶然拾ったもの。
もちろん、本物にも遭遇しました
ライチョウは人間のことが怖くないようで
とても接近して見ることができます。
あまり近くだと逃げるけどね。
でも走って逃げる姿がまたカワイーーー
もうライチョウにメロメロです。

でもライチョウは3000m級の高山にしか生息していないし、
お天気の良い時はあまり出てきてくれないので
なかなか会えません・・・。

もう久しく会ってないなーー

会いたいなーーー

また行くしかないなーーー

  1. 登山
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
甲斐駒ケ岳登山! 2日目。 :: 2010/10/16(Sat)

2日目  仙水小屋~仙水峠~駒津峰~甲斐駒ケ岳山頂~駒津峰~仙水峠~仙水小屋~北沢峠

朝3時30分。
突然部屋の電気がつき起床。
こんなことは初めてで、いつもは電気がつく前に起き、
真っ暗な中ヘッデンの明かりで化粧をするのが当たり前だったのだ。
なのでこの明かりはとってもありがたかったのです

顔を洗いに外に出ると満点の星空
天気予報では下り坂だったので心配していたのですが、
見事にハズれてくれました

そして4時。朝ごはんです。
PA0_0348.jpg
こんな感じでした。
大抵の山小屋の朝ごはんは質素なのでわりと良い方かな。
しじみのお味噌汁が最高でした~


4時35分、ガイド兼小屋番のおじさんに挨拶して出発します
足の具合はとても良くなっていたので甲斐駒登頂に期待が高まります
でも油断は禁物。
「甲斐駒に登らせて~」と山の神様にお願いしながら先を急ぎます

5時過ぎには仙水峠に到着。
日の出まで時間があるので、まずは駒津峰目指してガンガン登っていきます!
PAP_0347.jpgそろそろ日の出です。鳳凰山、地蔵ヶ岳のシルエットが美しい・・・

PA0_0346.jpg
6時前だったかな。日の出です
手前の黒い岩峰は摩利支天。
そして駒津峰はもうすぐだーー

PA0_0339.jpg
この大きな岩は『六方石』。
PA0_0340.jpg

そして駒津峰を越え、ここから岩尾根を慎重に越えていきます。
岩場が苦手な旦那さんはへっぴり腰になっていましたかっこわるぅ~~
PA0_0342.jpg

そしてここから直登ルートと巻き道ルートに分かれます。
私たちは無難に巻き道ルートを選択しました。


PA0_0338.jpg

PA0_0337.jpg
ここまで来るとようやく甲斐駒らしい花崗岩と白砂の登山道になります。
とっても綺麗ですよ。お隣の鳳凰山によく似ていますね~

PA0_0336.jpg
だんだん下からガスがわいてきて視界が遮られそうなところをパチリ
左奥の綺麗な三角形の山が日本第2位の標高を持つ北岳。お隣が第4位を誇る間ノ岳です。
PA0_0345.jpg
鳳凰三山の後ろに富士山が!今日も顔を見せてくれました~
そして・・・
PA0_0332.jpg
ついに念願だった甲斐駒ケ岳登頂!!後ろには南アルプスの女王、仙丈ケ岳が。
前日痛かった足もなんとかもってくれました~
山の神様に感謝!

PA0_0333.jpg記念に1枚

PA0_0334.jpg立派な一等三角点!

PA0_0343.jpg
中央アルプスの連なりと御嶽山もバッチリ見えました

PA0_0344.jpg
この写真だとすご~くわかりづらいのですが、
手前の鋸岳の奥に乗鞍岳と北アルプスの連なりも見えました!

ただ富士山、八ヶ岳、茅ヶ岳方面はガスがかかってしまい見えなくなってしまいました。
やはり山の天気は変わりやすいです。

そうそう、甲斐駒の頂上には駒ヶ岳神社奥社が祀られています。
PA0_0335.jpg
当時は信仰登山で賑わったのでしょうね。
私たちも無事下山できるように祈ってきました。

もう少し山頂でゆっくりしたかったのですが思いのほか早く登頂したおかげで
1本早いバスに乗れるかも!?ということになり、即下山

PA0_0331.jpg
でもちゃんと紅葉も堪能しながら。

PA0_0330.jpg
前日よりも鮮やかになったような気がしました。

10時仙水小屋着。
PA0_0329.jpg
一息ついたところでこの一杯。
もう本当に最高の気分

ガイド兼小屋番のおじさんにとってもびっくりされました!
なぜなら・・・すごーく早く帰ってきたからです

おじさんと山の話をしながらしばし休憩。

そして別れを告げ、北沢峠に向かいました。

PA0_0328.jpg
ここが最後の登り~~

やったぁ~ バスの時間に間に合ったよ!
よかったよかった~~
PA0_0326.jpg

PA0_0327.jpg
なんか操作ミスで日付が入ってしまいました。
北沢峠です!お疲れ~~

無事11時15分のバスに乗り、夜叉神峠駐車場に着きました。

今回の山行の予定は1日目甲斐駒、2日目仙丈ケ岳だったのですが、
突然の足の痛みに仙丈を断念しなければならず、
ちょっと後悔の残る山行になってしまいました。
今回行けなかった仙丈、今度は日帰りで再チャレンジしようと思っています!
それまでに足治さなきゃね。


おまけ
下山後の楽しみの一つ。
温泉。
今回は前から行きたかった『ほったらかし温泉』に行ってきました
PA0_0325.jpg
あっちの湯とこっちの湯があり、それぞれ別料金だったので
あっちの湯に入りました。

とても高い位置に温泉があるので甲府盆地が一望できます。
特に夜がおススメらしいですよ!
日本三大夜景の甲府盆地を温泉に浸かりながら堪能できるんですから~!

  1. 登山
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
甲斐駒ケ岳登山! 1日目。 :: 2010/10/15(Fri)

10月12、13日で甲斐駒ヶ岳に登ってきました
久しぶりに旦那さんと2人で登山。
天候にも恵まれました

1日目 北沢峠~仙水小屋~仙水峠~栗沢山中腹~仙水小屋泊
PA0_0372.jpg
夜叉神峠まで車で入りました。
ここから北沢峠までバスを2つ乗り継ぎます。
車窓からは素晴らしい紅葉を見ることができました

PA0_0371.jpg
北沢峠到着!
ここから登山開始です。
ところが・・・
歩き始めてすぐに右足付け根部分に異変が・・・
どうやら50キロウォークで痛めたようです。
残念ですが予定変更で1日目の甲斐駒はあきらめました
とりあえず宿泊予定の山小屋まで行くことに。

PA0_0370.jpg
途中、ドロノキという樹齢何百年の木がいくつかありました。

PA0_0369.jpg
駒仙小屋です。ここは通過しました

PAP_0367.jpgもうすぐで仙水小屋です。
紅葉が見事です!写真だと伝わらないな~

PA0_0366.jpg
痛い足を引きずりながら仙水小屋到着~
小屋には小屋番の男の人がひとり。後で聞いたところ、この人は山岳ガイドさんで
たまに仙水小屋のボッカと小屋番を頼まれてるそう。
とても親切な人で、足が痛いなら栗沢山に行ってきなと勧められ・・・。
時間もあるので散歩がてらに行ってみることにしました。

PA0_0365.jpg

PA0_0364.jpg
まずは仙水小屋から仙水峠へ。
この間の登山道はまるで庭園!
今更ながら自然ってすごいなーと思ってしまいます。

PA0_0362.jpg
仙水峠!甲斐駒の衛峰、摩利支天!すごい迫力です!!

PA0_0361.jpg
撮ってもらいました

PAP_0357.jpg甲斐駒とナナカマドを撮ってみました。
甲斐駒美しい~

そして栗沢山に登り始めたのですが・・・
やはり足が痛く、中腹で断念しました。
中腹からの景色は最高でしたよ

PAP_0360.jpg

PAP_0359.jpg
鳥肌もんです

PA0_0358.jpg
うししこれやりたかったんです~
甲斐駒をバックに南アルプスの天然水
まさにこの甲斐駒の麓にサントリーの白州工場があるのです。
山の神様がくれた水です。

PA0_0350.jpg
仙水小屋に帰ってきました。
今日の宿泊者は少ないようです。
夕食は4時30分。外で紅葉を見ながらの食事です。
めちゃくちゃ寒いのでフリース2枚にダウンを着たのでもこもこです。
ここの夕食は美味しくて豪華で有名なので楽しみです。
なんでも刺身が出るとか・・・?すると・・・

PA0_0355.jpg
小屋のご主人、ボッカ姿で登場~!!
白髪のご老人なのにすごいパワフル~~
この寒さの中タンクトップです!
いやぁ~話には聞いていましたが驚きました。
ご主人は毎日登山客のために甲府の市場まで買い出しに行っているそうです。
だからお刺身が出たりするんですね~
これは期待できますね。


そして待ちに待った夕食~
PA0_0352.jpg
じゃーーん!!山小屋のご飯とは思えない新鮮さ!
みんなウマいウマいと言って食べていました~

PA0_0351.jpg
お味噌汁も具だくさんでおいしー
体も温まります幸せ~

そして今日の寝床。
PA0_0349.jpg
気を使っていただいて端っこにしてくれました。
毛布3枚かけて、フリース着てダウン着て・・・でも寒い

さてさて2日目、甲斐駒に登れるか。心配です。
旦那さんがたまたま湿布を持ってきていたので貼って寝ました。
明日痛みが取れることを信じて・・・

2日目の山行はまた次回アップしまーす


おまけ
PA0_0356.jpg
仙水小屋のトイレです。やはり別棟。
ですが臭いもなくけっこうキレイでした。
山小屋のトイレって気になりますよね~
前回泊まった鳳凰小屋は垂れ流しだったのでビビりましたが。
今回はストレスなく使用できました

あ、鳳凰小屋は現在新しいバイオトイレを建設中です







  1. 登山
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
大好きな場所 その② :: 2010/09/23(Thu)

GRP_0618.jpg

GRP_0615.jpg
日本第3位の標高を持つ穂高岳の中腹にある氷河圏谷、涸沢。
実は2年前、涸沢にある山小屋でバイトしていました。

毎日変わってゆく景色、季節を感じながら4ヶ月間。
とても充実した時間を過ごせました。

涸沢での時間は私の宝物です。


秋は涸沢の季節です。
燃えるような紅葉が迎えてくれます。

上高地から6時間。
苦労してたどり着いた人だけが見れる日本一の景色。

見る価値ありです!!

ぜひ行ってみてくださーい
  1. 登山
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。